アーキテクツサロン


第108回前田圭介 × 荻野寿也

タイトル 前田圭介 × 荻野寿也 「庭と建築」
日時 2014年11月6日(木)18:00~20:30(17:30開場)
会場 神戸まちづくり会館 2階ホール
第108回アーキテクツサロン「技×技シリーズ」の第1弾として,UIDの前田圭介氏と荻野寿也景観設計の荻野寿也氏をお招きして,「庭と建築」というテーマで講演いただきました.第一部ではそれぞれの今考えていることや庭や建築などについて語っていただき,第二部では兵庫地域会所属のy+M design office一級建築士事務所の三宅正浩氏をコーディネイターとして加わっていただきトークセッションを行いました.

前田氏は福山の町並みや看板のありかたなどを語りながら,建築には「気づき」を人に与える能力があるように語られていいたように思いました.それは「建築」というものではなくそこに,「環境」をつくることよってなしえることができ,その際に重要になってくるのが「緑」の存在であり,「建築」と「緑」は環境をつくるにあたって境界のない,ボーダーレスな関係であると語られた.そこにはご自身もアウトドアが好きで,自然の中でいることで普段の生活では気が付けないもの,例えば飯盒のお焦げがとてもおいしく感じるといったことに気づけるという体験からそのような考えにいたられたのではないだろうか.
荻野氏は「日本の原風景」を再現したいというのが当初からの考えてであり,できればヘリコプターで建築のところまでそのような環境を運んできたいと語られたほどでした.建築における庭のあり方,それがあることによってクライアントに与える影響などの試行錯誤について,そして,園芸種などを使った現在の庭づくりの手法などを語っていただきました.
トークセッションでは三宅氏によってそれぞれの手法についてお互いに思っておられることが次々と引き出されていきました.
前田氏は室内で緑を使うことが可能なことを荻野氏と相談することで確信を得たことや樹種の選定にストーリーのある荻野氏の手法などを語られました.荻野氏は前田氏の施主との関係性やそこにある粘り強さや辛抱強さについて語られました.室内に緑があり開け放つと当然,鳥や虫が入ってくる.そのことをクライアントと共有できるまで関係を作り上げていくその前田氏の姿勢はなかなかまねできるものではないと.
お二人はこれまでの共同によって,管理の要らない庭というものはなく,コントロールされている自然を再現して,出来上がったときが建築の完成ではなく,そこにはクライアントの手が入ることによって熟成されていき,環境が出来上がってくるという共通言語のようなものが出来上がっているように思いました.
そんな施主と建築と緑の関係性という「環境」を2人で創られているように感じた充実した講演会となりました.
(山﨑康弘)

当日の様子-PHOTO GALLERY-



アーキテクツサロン:バックナンバー
2017年10月20日 (金) 第112回:城本 章広 × 谷岡 拓
2016年8月5日 (金) 第111回:木村 博昭×陶器 浩一
2016年01月22日 (金) 第110回:木下昌大x西澤明洋
2015年11月3日 (火・祝) 第109回:石山友美× 芦澤竜一× 平田晃久× 倉方俊輔
2014年11月6日 (木) 第108回:前田圭介 × 荻野寿也
2013年12月2日 (月) 第107回:香山壽夫氏(東京大学名誉教授,放送大学客員教授,聖学院大学教授)
2013年8月9日 (金) 第106回:山梨知彦氏(日建設計執行役員) 大谷弘明氏(日建設計執行役員)
2013年2月1日 (金) 第105回:本多友常氏(和歌山大学教授) 広岡敏行氏 岩田章吾氏
2012年7月21日 (土) 第104回:重村力氏(神奈川大学工学部建築科教授/神戸大学名誉教授)、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏
2012年3月9日 (金) 第103回:北村陸夫氏、赤代武志氏、楠原一明氏、中平勝氏、吉井歳晴氏
2011年12月13日 (火) 第102回:吉村篤一氏(大阪工業大学客員教授/京都女子大学 武庫川女子大学非常勤講師)、吉井歳晴氏、吉本剛氏
2011年7月15日 (金) 第101回:矢田朝士氏(ATELIER-ASH代表)、木村吉成氏、松本尚子氏、阿曽芙実氏
2011年3月19日 (土) 第100回:竹原義二氏(大阪市立大学教授)、矢田朝士氏、小山隆治氏
2010年10月16日 (土) 第099回:藤森照信氏(東京大学名誉教授/工学院大学教授)