アーキテクツサロン


第116回津田 茂 × 橋口 新一郎

タイトル 第116回アーキテクツサロン「建築のいとぐち」
日時 2019年02月21日(木)18:00~20:00 (開場17:45)
会場 こうべまちづくり会館 2階ホール


 今回の講演者は出江寛氏に師事して学び,同時期に事務所にいたことはないものの年齢が近い,津田茂氏と橋口新一郎氏のお二人でした.
津田氏は敷地のコンテクストの解釈が変遷していくさまとそれに伴う自らの設計の変化を時系列にまとめて語っていただきました.設計する際には『師匠ならどうする?』と自問しながら,出自の異なる師匠とは別の方向性で,独自の解を創造することを続けておられます.
橋口氏は幼少期から『人に合わせて生きていく』ことが得意と語られ,師匠が好むものを再現できたということです.独立後は茶室や和紙や襖といったものとの巡り合いをうまく組み合わせて,みんなが喜んでくれるものを創造していくことで,茶室を伝統的な素材を使って現代的に創るという独自の地位を確立されてこられました.
ほぼ同年代で同じ師匠に学びながらも,お二人のアウトプットはそれぞれに異なりながらも,どこかに出江寛氏のもとで学んだものをそれぞれの方向性で昇華させていくことを続けておられるように感じました.
講演会も盛会のうちに終えることができ,お二人の中堅建築家のますますのご活躍が期待されます.(山崎 康弘)

 独自の視点で土地を読み解く津田茂氏は、風景、視線、記憶、意識と多様な切り口で斬新な建築を作り出します。敷地に一日中立って感じた風と光をコントロールするという橋口新一郎氏は、素材感の美しさなど感じた事を吸収して昇華させていくエネルギーに満ちています。同じ師匠を意識しつつ独自の論理が重ねられた作品ばかりで、それぞれ想いやアイデアを社会に一気に広める手段まで考えつくす2人の建築家による大変内容の濃い講演会でした。(菅原 英房)

当日の様子(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=9kdLFluRVQg
https://www.youtube.com/watch?v=0fXVwhP0qI8
https://www.youtube.com/watch?v=bEAoiBAeAzQ

116回アーキテクトサロン「第116回アーキテクツサロン「建築のいとぐち」」

当日の様子-PHOTO GALLERY-



アーキテクツサロン:バックナンバー
2019年02月21日 (木) 第116回:津田 茂 × 橋口 新一郎
2018年10月25日 (木) 第115回:魚谷 繁礼 × 池井 健
2018年06月28日 (木) 第114回:谷 祐治  ×  片淵 良
2018年01月25日 (木) 第113回:山本 光良 × 松村 泰徳
2017年10月20日 (金) 第112回:城本 章広 × 谷岡 拓
2016年8月5日 (金) 第111回:木村 博昭×陶器 浩一
2016年01月22日 (金) 第110回:木下昌大x西澤明洋
2015年11月3日 (火・祝) 第109回:石山友美× 芦澤竜一× 平田晃久× 倉方俊輔
2014年11月6日 (木) 第108回:前田圭介 × 荻野寿也
2013年12月2日 (月) 第107回:香山壽夫氏(東京大学名誉教授,放送大学客員教授,聖学院大学教授)
2013年8月9日 (金) 第106回:山梨知彦氏(日建設計執行役員) 大谷弘明氏(日建設計執行役員)
2013年2月1日 (金) 第105回:本多友常氏(和歌山大学教授) 広岡敏行氏 岩田章吾氏
2012年7月21日 (土) 第104回:重村力氏(神奈川大学工学部建築科教授/神戸大学名誉教授)、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏
2012年3月9日 (金) 第103回:北村陸夫氏、赤代武志氏、楠原一明氏、中平勝氏、吉井歳晴氏
2011年12月13日 (火) 第102回:吉村篤一氏(大阪工業大学客員教授/京都女子大学 武庫川女子大学非常勤講師)、吉井歳晴氏、吉本剛氏
2011年7月15日 (金) 第101回:矢田朝士氏(ATELIER-ASH代表)、木村吉成氏、松本尚子氏、阿曽芙実氏
2011年3月19日 (土) 第100回:竹原義二氏(大阪市立大学教授)、矢田朝士氏、小山隆治氏
2010年10月16日 (土) 第099回:藤森照信氏(東京大学名誉教授/工学院大学教授)