アーキテクツサロン


第107回香山壽夫氏(東京大学名誉教授,放送大学客員教授,聖学院大学教授)

タイトル 香山壽夫氏 第一部 「丹下モダニズムからの逃走」 第二部「古典主義再発見とルイス・カーン」
日時 2013年12月2日(月)18:00~20:30(17:30開場)
会場 こうべまちづくり会館 2階ホール
第107回アーキテクツサロン「建築家の系譜シリーズ」の第9弾として,東京大学名誉教授の香山壽夫氏をお招きして,第一部「丹下モダニズムからの逃走」第二部「古典主義再発見とルイス・カーン」というテーマで講演いただきました.

第一部では,何故当時の東京大学のメインストリームである丹下モダニズムから距離を置き,ルイス・カーンのもとに行くことになったのか?そしてペンシルバニア大学でのエピソードなどを当時のスライドを交えて語っていただきました.第二部では,帰国後は留学中の経験を生かして実作の設計に携わっていかれ,その時に何を思い作品を創っておられたのかを自ら撮影された写真を交えて語っていただきました.

冒頭からショッキングな話題で始まります.香山氏の「丹下モダニズムからの逃走」の大きな要因は,丹下健三の大学の講義は休講が多く,内容も当時の香山氏にとっては興味深いものではなかったことにありました.その背景には当時の学生がマルクス主義への傾倒していく時勢もありましたが,「逃走」を決定づけたのはよりによって丹下健三氏の自邸であり,自邸で丹下事務所の仕事を手伝ったときにその空間は絶対的に美しいのだが,冷たく人間を包むものではないと感じたからだと.
その後,香山氏は東京を離れ,京都に滞在しながら日本建築の様式を学んでいるときにルイス・カーンの奥行きのある陰影が描かれたスケッチ見て,これだと感じ,そのきっかけでペンシルバニア大学に留学することになりました.
そして香山氏がまずアメリカで感じたのは,国としての歴史としては日本よりも浅いかもしれないが,主たる建物が開国するまでが木造であり明治以降に西洋建築が導入された日本に比べて,街並みなどは圧倒的に歴史があり,様式を重んじる国であったことでした.
カーン自身も師であるフランス人建築家のポール・クレからボザールの建築教育を学び,壁の厚さに現れるポシェを描くことでカーンの建築に特徴的な光と影の空間が創造され,そして彼の「窓は部屋になりたがっている」という言説が裏付けていたのではないかと語られました.そして,なにより印象的だったのが,人や生物の営みが連綿と続くように,ボザールのよいところを引き継ぎそして生かしていく,様式を正しく認識して次代に残していく必要があり,そして,変革そのものに価値があるのではなく,連続の中に変革があることが重要だと語られたことでした.

第二部ではまず帰国してすぐの仕事となった九州芸術工科大キャンパスや東京大学6号館の4階部分の増築,せきかわ歴史とみちの館,彩の国さいたま芸術劇場,東京大学弥生講堂など数多くのプロジェクトについて語っていただきました.第一部で聞いている「カーン」,「光と影」,「ボザール」,「様式」,「連続」などのキーワードがあると第二部での各プロジェクトの説明が違和感なくすっと頭に入ってきます.そして,驚きだったのがプロジェクトの最後に香山氏が基本設計を担当されている京都会館の再整備事業についてのお話を聞けたことでした.いろんな意見がある中で,香山氏のこれまでの講演を聞いていれば,建設当初から現代にいたるまでたくさんの人々の思いが連綿と積み重ねられてきた歴史のある京都会館への香山氏の改修計画は一つ筋が通っていて非常に説得力があるものに感じられました.

会場に来ている人達を自分の話の中にすっと引き入れ,たくさんの布石を打ち,実作を通して内容を再認識させて,最後には自らのスタンスを明示しながらも,聴いている人たちに考える機会を与えてくださった楽しい「講義」が聞けたように思えました.こんな気持ちになることも最初の丹下氏の「講義」の話でしっかり布石が打ってあったと振り返って気付いた,楽しい講演会となりました.

(山﨑康弘)

写真提供 日刊建設通信新聞社


当日の様子-PHOTO GALLERY-



アーキテクツサロン:バックナンバー
2017年10月20日 (金) 第112回:城本 章広 × 谷岡 拓
2016年8月5日 (金) 第111回:木村 博昭×陶器 浩一
2016年01月22日 (金) 第110回:木下昌大x西澤明洋
2015年11月3日 (火・祝) 第109回:石山友美× 芦澤竜一× 平田晃久× 倉方俊輔
2014年11月6日 (木) 第108回:前田圭介 × 荻野寿也
2013年12月2日 (月) 第107回:香山壽夫氏(東京大学名誉教授,放送大学客員教授,聖学院大学教授)
2013年8月9日 (金) 第106回:山梨知彦氏(日建設計執行役員) 大谷弘明氏(日建設計執行役員)
2013年2月1日 (金) 第105回:本多友常氏(和歌山大学教授) 広岡敏行氏 岩田章吾氏
2012年7月21日 (土) 第104回:重村力氏(神奈川大学工学部建築科教授/神戸大学名誉教授)、内田文雄氏、吉村雅夫氏、西山英夫氏、久保勇人氏、西田潔史氏、長尾健氏
2012年3月9日 (金) 第103回:北村陸夫氏、赤代武志氏、楠原一明氏、中平勝氏、吉井歳晴氏
2011年12月13日 (火) 第102回:吉村篤一氏(大阪工業大学客員教授/京都女子大学 武庫川女子大学非常勤講師)、吉井歳晴氏、吉本剛氏
2011年7月15日 (金) 第101回:矢田朝士氏(ATELIER-ASH代表)、木村吉成氏、松本尚子氏、阿曽芙実氏
2011年3月19日 (土) 第100回:竹原義二氏(大阪市立大学教授)、矢田朝士氏、小山隆治氏
2010年10月16日 (土) 第099回:藤森照信氏(東京大学名誉教授/工学院大学教授)